日々思い出す色んなことを綴ります


by mariqq

カテゴリ:未分類( 23 )

華道の稽古

華道の稽古に通い始めました。
子どもも少し大きくなったし、これからは自分の時間も大切にしたいなぁと
思い始めています。

教室は先生が自宅で開いておられるのですがインテリアが素敵なんです。
本当にここで暮らしているの?と疑ってしまうくらい掃除も徹底されているし。
華道の技術やセンスだけではなく、暮らしぶりが尊敬できます。

中でも気になっているのが、さりげなく置かれている和風照明の数々。
なんていうところの和風照明なんですか?と訪ねると古都里って言うのよ。
と教えて下さいました。
私の家にも取り入れたいなぁと思います。
[PR]
by mariqq | 2010-05-28 10:52

女は男次第?

いろいろ思うところはあるけれど、女の人生は男次第っていうところはあると思う。

どんなにきれいごとを言っていても、男社会であることに変わりは無く、甲斐性のある男と結ばれれば、一生安泰、というのは間違いない。

下心を持っていても、それが普通だし、と割り切れる婚活パーティは有効な手段かな、と思う。

私自身は、恋愛結婚したけれど、何も考えなかったか?

といえばそうでもないけれど、今のような婚活パーティーに参加するような状況であれば、どうだったか?と考える。

やっぱり、この人と結婚したかなぁ、とも思う。

私のストライクゾーンは思ったよりも狭いみたい。
[PR]
by mariqq | 2009-11-13 20:10

散骨して欲しい~

常々、恋愛経験は豊富であると面倒だから「これは」という人と一発で出会って、その人と結婚したい、と思っていた。

ドキドキしたり別れて落ち込んだりが面倒だ、と思っていたのだ。

そのための努力は全くしなかったが、その通りになった。

短大時代の絵画部の先輩の紹介だった。トントン拍子で話が進み、知り合って1年後には結婚していた。

とっても順調な結婚話だが、やっぱりオマケは付いてくる。

世の中には強烈な個性の人、というのは思っている以上に居るようだ。

今、結婚10年目だが、未だに舅が善人か悪人かわからない。

心理学的にいうところの「暴君」だから、関わらないのが一番、と私は敢えて近づかない。

だから時々モメるのだが。

とはいえ、旦那と結婚したことは後悔していないから、舅のこともまぁまんざらでも無いのだろう。

でも同じ墓には入らない。

私は散骨して欲しい。

そう、千の風になるのだ!笑
[PR]
by mariqq | 2009-10-15 18:47